2012年3月20日火曜日

Chrome の シークレット モード|閲覧履歴を残したくないページを見るとき

Chrome の閲覧履歴、ときどき削除していますか?

僕も思い出したときに履歴を削除するようにしていますが、その履歴を見て恥ずかしくなることがありますよねw

今のところ、僕の周りには Chrome に閲覧履歴が残ることを知っている人間は誰もいないので見られる心配はありませんが、履歴を見られた時のことを考えると、定期的に削除しなければいけないなと思います。

でも、履歴を消すのを忘れてしまうんですよね。

そこで今日は、閲覧履歴を残さない方法「Chrome のシークレットモード」についてのエントリーです。


シークレット モード(シークレットウインドウ)とは?

シークレット モード(シークレット ブラウジング)を使用する
  • シークレット モードで開いたウェブページやダウンロードしたファイルは、閲覧履歴やダウンロード履歴に記録されません。
  • 新しい Cookie は、開いているすべてのシークレット ウィンドウを閉じるとすべて削除されます。
  • シークレット モードの使用中に変更した Google Chrome のブックマークや全般設定はすべて保存されます。
閲覧履歴が残らず、Cookie もシークレットウインドウを閉じると削除してくれるという、何とも素晴らしいモードです。


シークレットウインドウの開き方

shift + command + n(Windows は、Ctrl + Shift + n)や Chrome の右上のギアアイコンのメニューから、シークレットウインドウを開けます。


このようにシークレットモードのアイコンが表示されます。Windows はブラウザ ウインドウの左上側にアイコンが表示されます。

これで、恥ずかしいページを見ても履歴が残らなくなりますねw


シークレットモード もう一つの使い方


Google アカウントにログインした状態で、Google 検索をしていると、Google+ の「あなたが+1 しました」が表示されます。

これ、何か調べているときはいいのですが、あるキーワードで自分のブログ記事が何位か調べるときには、本来の順位よりも上位に表示されるので、とても邪魔なんですよね。

しかし、シークレットモードの場合、Google+ の「あなたが+1 しました」が付かず、本来の順位で表示されるので、自分のブログの順位を調べるときに使っています。

シークレットウインドウを開かずに、Google アカウントからログアウトして検索すればいいのではないかとも考えたのですが、これがどうもIPアドレスで判断しているのか、「以前このページにアクセスしました。」と「あなたが+1 しました」と同じ位置に表示されるんです。

そして、順位も実際の順位よりも上位に表示されてしまうんですね。

* Chrome だけの現象なので、IPアドレスは関係ないかもです。


ただし、インスタント検索が...

ただしですね、シークレットウインドウはデフォルトでインスタント検索なんです。

ということで、10件表示。

いつもは100件表示にしているので、シークレットモードにした後、設定でインスタント検索を無効にして、100件表示にしていますw

どうもいまいちこの設定が面倒なのですが、今のところこのようにして、シークレットモードを利用しています。


ということで、履歴を残したくないページを見るとき、自分のブログの順位を確認するときなど、シークレットモードがとても役に立つので、ぜひ使ってみてくださいね。