2015年10月27日火曜日

EXCEL データの入力規則 リストから入力する



EXCEL で、決められた文字列や値をセルに入力するときに、データの入力規則でリストを選択すると、かなり楽に入力することができます。

マウスでクリックしながら入力するのも良いですが、おすすめはやはりキーボードからの入力ですね。入力したいセルを選択し、「Alt + ↓(下矢印)」でリストが表示されるので、一覧から選択して入力していきます。

リストの項目が数十もあるなら別な方法が良いかもしれませんが、数個から10個程度までなら、リストでの入力方法が早く入力できると思います。

また同時に、リスト以外の値の入力を禁止するものでもありますので、入力間違いしないというメリットもあります。参考にしてみてください。