2015年12月8日火曜日

北海道余市の弘津ヴィンヤード産のぶどうのみを使用したワインが発売


サッポロビールがワイン「北海道余市ピノ・ノワール 2013」を発売します。余市といえば、ニッカウヰスキーが有名ですが、今回は余市のぶどうを使ったワインの話題です。

希少なぶどうから熟成させた高品質赤ワイン「北海道余市ピノ・ノワール2013」数量限定発売

サッポロビールは、グランポレールシングルヴィンヤードシリーズ「北海道余市ピノ・ノワール2013」を2015年12月8日から数量限定で全国発売する。

今回発売されるワインは、余市の「弘津ヴィンヤード」産のぶどうのみを使用して作られたものだそうですよ。

毎年 1回は余市に行くので、以前からぶどう畑が多いなぁと思っていましたけど、こういったワインに使われているんですね。一時期ワインに凝ったときもあったのですが、余市ワインは買ったことがなかったなぁ。

来年、余市に行ったら、ぜひワインを買おうと思います。

ところで、この「弘津ヴィンヤード」産のぶどうで作られたワインは今までに何度もコンクールで受賞しているとのことで、それ知っただけでもこのワインの価値が分かりますよね。

サッポロビールが発売する「北海道余市ピノ・ノワール 2013」は12月8日、今日から発売です。一つの畑から獲れたぶどうとのことで、価格は税抜き 4,000円で、数量限定での全国発売となっています。