2012/02/24

エクセル COUNTIF関数 条件に合致するデータの個数

先ほどの投稿 「エクセル SUMIF関数 で条件によって合計する」 に追加です。

COUNTIF関数 という SUMIF関数 に似た関数があるので、これを使って、該当する仕訳科目が元のデータに何件あるかを表示してみます。


仕訳科目の件数を表示する



こんな感じ。

下の表の合計金額の右側に、新たに件数を表示する列を作ります。


COUNTIF関数で条件に合致する件数を表示

COUNTIF関数は、

COUNTIF(範囲, 検索条件)

セルC13に入力しているのは、

=COUNTIF($A$3:$A$8, A13)

です。

上の表の仕訳科目欄のデータから、条件に合致するデータの個数を表示するということですね。

"$"マークのおまじないもしているので、そのままドラッグでコピーして完成です。

ちなみに、この"$"マークですが、関数入力中に範囲を選択した後、「F4」キーを押すことで、"$"マークが挿入されますので、お試しください。


SUMIF関数 と同様に、この COUNTIF関数 も覚えておくと便利なので、ぜひいろいろ試してみてマスターしてくださいね。

それでは。